低速サイクリング。

自転車ブログ ~ロードバイク・クロスバイク~

ブログタイトル

シマノ PD-A520 片面SPDペダルは不便??

f:id:cyarist:20180929141529j:plain
シマノ PD-A520

SPDペダルには両面のほかに片面のみのモデルも存在します。
文字通り片面のみキャッチ機構があるので軽量。しかしデメリットも…
かなり大雑把に言ってキャッチ率も半減でしょうか。

このPD-A520は315gとSPDペダルの中では軽いほうです。
他は約350~500gほど。
ただ、年式が古くデザインも最近のペダルと比べて真新しさが感じられません。
シンプルなのが長く愛される秘密なのかも?
シューズとの接地面も適度に確保されており、踏み込みの時はしっかり力を入れることが出来ます。

f:id:cyarist:20180929141530j:plain

慣れてしまえば片面でも気にならないものの、やはり両面のが楽なのは言うまでもありません。裏面は軸しかなく、踏めないことも無いけど走るのは難しい。
(片面がフラットペダルのような商品もあります。)

快適性か軽量化を考えると悩ましいですね。
本気の方はSLに行ってしまうと思うので、この手のペダルはロングなどツーリング向き?
100、200kmを超えて来ると微々たる差が積もり疲労に繋がるため、足回りは少しでも軽くしたくなります。
片面ペダルを使い始めてから両面に戻りたいと思いことも多々ありますが、慣れてくると「まぁこれでも良いか」と。
キャッチ率が100%に近い方なら何の問題も無いでしょう。
私のようにキャッチが下手だと地味にストレスになるから、やはり心のどこかで両面を欲してしまいます。
多少の軽量化を諦めて快適性を優先したほうが良さそうです。

次はXTグレードのペダルで決まり!

パークツール スーパーパッチ 超かんたん! こすって貼るだけ! GP-2C

f:id:cyarist:20180831200132j:plain
パークツール スーパーパッチ

自転車に乗っていると、どうしても避避けらないのがパンクです。
いくら自分が気を付けていても、道にはさまざまな原因となりうる障害がたくさんあります。
こればかりは「運」と言うのが定説なほど。
自転車が趣味と言う方々は予備のチューブを携帯し、チューブごと交換する手段で解決するのが主流です。
比較的短時間で復帰出来るので、わざわざ穴の開いたチューブを道の上で修理する事もありません。

しかし、運悪く何度もパンクしてしまう時がある。嘘のような本当の話。
手持ちのチューブも使用済みではお手上げになります。
昔からの定番、ゴム糊+パッチは修理に時間が掛かりますし、外での作業は慣れている人でも難しいかも知れません。
しっかり圧着出来るかも怪しい…。
そんな人の為に簡単に修理可能が商品があります。
初心者でも不器用でもOK!

f:id:cyarist:20180831200133j:plain

これはゴム糊が必要無い、ペタっと貼るだけのパッチです。
6枚入り。形はフィルムのようなテープのような?
接着面には溶接剤が付着しており、手が汚れず綺麗に貼りやすくなっています。
紙やすりも付属しているので、穴の開いた部分を軽くこすって貼るだけの簡単なお仕事。
タイヤレバーなどで圧着も忘れずに。
あくまで緊急用として、帰宅したら新品のチューブに交換するなり、しっかり修理し直す対処が必要かと思います。
個人的にそのまま使い続ける勇気はありませんでした。

パナレーサーやレザインからも似たような商品が出ていますが、ケースがコンパクトなのでパークツールを使っています。
6回分の修理道具が500円玉ほどのサイズなので、お守りとしても非常に心強い!
実は両面テープなどで有名なスリーエム(3M)の技術が使われいるのもポイント。

リアライトの定番! キャットアイ オムニ5 TL-LD155-R

f:id:cyarist:20180831200124j:plain

充電式が主流の現在、先端を行く性能やデザインではありませんが、シンプルで点灯時間が長い後部用のライト。
ブルベと呼ばれる長距離を走る方々に愛用されているモデルです。
自転車の夜間走行では反射板がない場合、後部の赤ライトは「点滅」では無く「点灯」でなければいけません。
これは道交法上で定められています。


f:id:cyarist:20180831200126j:plain

LTDは5つ。単4電池2本。
横からの視認性もまずまず、暗い道で自分の存在を示すには問題ありません。
パターンは3種類と潔い仕様。
それなのにモードメモリ搭載で前回消灯時のパターンが1発で呼び出せます。


f:id:cyarist:20180831200130j:plain

一応パッキンでシールされてるけど、防水は謳っていない様子。
走行中にカバーが外れてしまうケースを見かけるので、念のためテープで補強しておくと安心です。
これがなくなると即終了コース。


f:id:cyarist:20180831200129j:plain

取り付けに2種類のブラケットが付属。
クリップはバックパックやサドルバッグのループに挿して使えます。
あまり使う人は多くないかな?


f:id:cyarist:20180831200131j:plain

気になる点灯時間は60時間。
日中も使用するとして丸2日は余裕で光ります。
電池切れをおこしても単4電池2本なので、コンビニやドラッグストアなど入手も比較的簡単。
ライド中もすぐに復帰が可能です。

充電式でも一晩くらいは持つくらいの継続時間ありますが、毎回充電するのが面倒だったりします。
そんな人にもピッタリ。
エネループを使えばお財布にも優しい!

サイクルコンピューターの大きさと文字の罠?

f:id:cyarist:20180719135221j:plain

目が悪い人にとっては文字が大きいと見やすくて良いですよね。
しかし、本体が大きいから文字も大きいとは限りません。
キャットアイを例にしてみると、いろいろな表示の仕方があることが伺えます。
単純に情報量が多いほど表示される文字は小さく、多くなる傾向があり、逆に少ないと大きく表示されるのが一般的。

高価なサイコンは表示領域をカスタマイズ出来る機能を備え、ユーザーが必要に応じて配置することが可能です。
でも、速度だけ知っておきたいと言うなら、機能を絞った比較的安めのサイコンが表示も大きく見やすいかと思います。
最近は様々な種類が販売されており、実際に手を取る機会は少なく、なかなか希望の機種を比べるのは難しい現状。

ネットで吟味して「本体は大きいのに文字が小さい」を回避しましょう!

ダイソー UV 日焼け止めジェル 200円の実力はいかに!?

f:id:satorist:20180611231158j:plain

まだ梅雨が始まったばかりだと言うのに、夏のような暑い日がやってまいります。
本格的に日焼けをする季節には早いですが、屋外で何時間も過ごすなら日焼け対策は欠かせません。
紫外線は曇りでも降り注ぎじわじわ肌を焼くと言われています。


f:id:satorist:20180611231159j:plain

そこで今回はダイソーUVカットジェルを購入!
値段は倍の200円と超COOLだ。

しかし実はこれ、お得なサイズで40gも入っています。
100円の日焼け止めは15g。
どちらもSPF50+・PA++++なので多い方を選びました。
細かな成分など違いがあるかも知れません。
持ち運ぶには邪魔にならないギリギリのサイズです。


f:id:satorist:20180611231200j:plain

肌に直接触れる物なので大陸製だと躊躇するところだが、、、
これは安心の日本製。
ダイソーさんも良くわかっていらっしゃる。
それなら買っちゃうよね、日本人だもの。


f:id:satorist:20180611231157j:plain

品名にジェルとあったのですが、どうも乳白色のクリームみたい。
クールタイプは塗った時に少しスースーします。
メントールでしょうか?
ニオイはあまり無いようです。

ジェルはサラサラ系ではなく、延ばした後はしっとりするような感じでべたつきも気になりません。
肝心の効果ですが、晴天の日に6時間ほど屋外で使用したところバッチリ紫外線を防いでます!

ちなみにウォータープルーフでは無いため汗をかくような運動などには向いておらず、こまめな塗りなおしが必須。
そこは200円なので塗りすぎなくらい使うくらいがちょうど良く、顔用っぽいけど腕や脚などにも使ってます。
自転車乗りは太ももから下、顔のメガネ焼けが気になる方も多いでしょう。早めの紫外線対策で多少は防げるはずです。

敏感肌の方はドラッグストアに売ってるような低刺激な日焼け止めが安心!

INTREPID INT-9012 シマノ以外の9速用チェーンとは?

f:id:cyarist:20180528012836j:plain

使用中のチェーンが伸びてしまったので交換時期が来ました。
たまには違うのを試してみるか!と、ネットで見つけたイントレピッドという台湾メーカーのチェーンです。
他にもいろいろ作ってる会社らしい。
色はシルバーのみで9速のラインナップはこれだけ。
10速や11速はいくつかグレードが存在します。


f:id:cyarist:20180528012835j:plain

重量は275g。(114L)
KMCからの交換で重量はほぼ同じ、はず。
商品説明によると5g軽量とのこと。


f:id:cyarist:20180528012834j:plain

こちらのチェーン、ピンではなく便利なミッシングリンクが付き。
試しに使用してみたところ、私の自転車ではスプロケ付近で少し音がするのでピンで繋ぎました。
こちらは音鳴りがやみ問題なく使える。
送料込みで1000円以下という値段なので悪くない。
現在1000kmほど走行したけど、目立った伸びなども無い様子。
まだまだ使えそうです。

PWT レインボー ボールポイント六角棒レンチセット

f:id:cyarist:20180503215353j:plain


自転車界ではアーレンキー、一般的には六角レンチと呼ばれている工具です。
1.5、2、2.5、3、4、5、6mmの7本セット。
サイズごとに色分けされているので、「この部分はこの色」と何mmかわからなくても非常に覚えやすい。
9本セットの商品もありますが自転車で使うのであれば7本で十分です。必要なサイズが揃っています。
よく使うのは大きい方から3~4本くらい。


f:id:cyarist:20180503215352j:plain

この商品はロングタイプとご覧のとおり長めに作られているのが特徴。
長いとテコの原理で力が入りやすい半面、締めすぎで規定トルク値をオーバーしてしまう事があるので注意が必要です。
さすがに携帯には不向きなので自宅メンテナンスに使っています。
このレンチが納まっているホルダーは使っているうちにゆるゆるになりそうな気がする。


f:id:cyarist:20180503215351j:plain

熱処理された特殊合金鋼。表面は硬質ハードクロムメッキ仕上げで耐摩耗性・耐食性に優れています。

そこそこ力を入れても大丈夫です。
カラフルに塗装されている面はザラザラ加工が施されており、滑り止めの役割もあります。
長い方の先端は斜めからでも回せるボールポイント仕様。


f:id:cyarist:20180503215350j:plain

値段が安いので精度などは若干甘いかと思いますが、7~800円前後で購入出来るので最初の1本として最適です。
こういった工具は無骨なデザインが多く、虹色に塗装されただけで随分とオシャレに見えます。
壁に掛けておくだけでもインテリアになりそう。